男性が「本当に好きな女性」だけにやっているエッチ中の行動9パターン

2018年10月20日



男性が「本当に好きな女性」だけにやっているエッチ中の行動9パターン


意識的に差をつけているわけではないけれど、心の底から好きな人とエッチする ときにだけ、ついしてしまうことって女性にもあるもの。そこで気にな るの は、男性ならどんなことをしてしまうのかということでしょう。『夜のスゴレ ン』男性読者へのアンケートを参考に「男性が『本当に好きな女性』 だけに やっているエッチ中の行動」をご紹介します。


 【1】前戯が自然と長くなる


「たくさん満足してほしいから」(20代男性)と、好きな女性に気持ちよくなっ てもらいたいため、とことん尽くしているうちに長くなってしまう男 性は少な くないようです。「丁寧に愛撫されてる」と感じたら、体の力を抜いて彼に身を 委ねましょう。よりリラックスして相手の愛情を感じることが できるかもしれ ません。



 【2】相手の名前を繰り返し呼ぶ


「愛しさがこみ上げてきてつい呼んでしまう」(10代男性)のように、「好き だ!」というテンションが高まってしまうと、つい、相手の名前を連呼 してし まう男性は多いようです。一方で「恥ずかしくて最中に呼べない…」(20代男性) という男性もいるようなので、名前を呼んでほしいときはこ ちらからお願いし てみましょう。



 【3】体のすみずみまでキスする


「好きな人ほど全身にキスしたくなる。前戯とかじゃなくて本能的に」(30代男 性)と、頭で考えるよりも先に、愛しい人への体のすみずみにキスし てしまう 男性もいるようです。「好きじゃないと、キスするのはめんどくさい」(20代男 性)という声もあるので、キスは愛情のバロメーターかもし れません。



 【4】ワキなど恥ずかしいところの匂いを胸いっぱい嗅ぐ


「俺だけが知っている優越感に浸りたくて」(10代男性)など、ちょっと変態 チックな行為ですが、女性が恥ずかしがれば恥ずかしがるほど「自分だ けのお 前を知りたい!」と、張り切ってしまうようです。お手入れ不足で彼の愛をこば むことがないように、ワキはちゃんと処理しておきましょう。



 【5】女性の体を「キレイだね」と心からほめる


「憧れてた女性とベッドインしたとき、思わず『なんて美しいんだ!』と口にし てた」(20代男性)と、いわれた女性もうっとりしてしまうこのセリ フ、男性 が感極まって本音をいってしまうパターンでしょう。さらに恥ずかしい部分まで 「キレイ」といわれたら、その男性の本気度はかなり高いと 思っていいかもし れません。



 【6】耳元で「好きだよ」と何度もささやく


「『好き』っていいあえたら最高に幸せだから」(20代男性)のように、最中に 男性から「好き」とささやくのは、あなたにも「好き」といってほし いからか もしれません。相手からそうささやかれたら、あなたも返してあげると熱い時間 を二人で楽しむことができるでしょう。



 【7】気持ちよすぎてつい声がでてしまう


「本気で感じてしまって、声がでてしまっているときがある」(20代男性)と、 好きな人と体を重ねる喜びに素直に声がでてしまうケースです。女性 が声をだ してしまうのはよくあることかもしれませんが、男性はそうそう声をださないも の。相手が声をだしていたら、あなたも素直に喜んだほうがよ さそうです。



 【8】イカせてあげたくてとにかくがんばる


「自分の力で好きな人のことを導きたい!」(10代男性)と、願う男性は多いで す。やはり好きな女性には最大限に気持ちよくなってほしいため、な にがなん でもイカせようと粘ってしまうようです。「今日はイクまでする気がない」とあ なたが思っても、彼ががんばっているとしたら、それはあなた のことが好きな 証拠かもしれません。



 【9】コトが終わっても抱きしめ続ける


「終わったとしても、すぐには離れたくない」(20代男性)のように、果てたあ とでも女性を抱きしめたまま体を離さないのは、エッチが終わっても 「密着感 を味わっていたいほど好き」という気持ちの表れのようです。コトのあとにも愛 情表現が続いていることを忘れず、一緒に余韻を楽しみましょ う。

funabashi_onakura at 19:53|Permalinkコメント(0)

実は彼氏のSOSかも!?遠距離恋愛中の「寂しい」サイン9パターン

2018年10月19日

実は彼氏のSOSかも!?遠距離恋愛中の「寂しい」サイン9パターン


遠距離恋愛では、すれ違いが多くなりやすいもの。彼氏が本気で寂しがっている サインは、どんな変化から察知することができるのでしょうか。そこで 今回 は、10代から20代の独身女性382名に聞いたアンケートを参考に「実は彼氏のSOS かも!?遠距離恋愛中の『寂しい』サイン」を紹介しま す。


 【1】LINEや電話が急に多くなる


「未読スルーさえ当たり前のズボラな人だったのが、休日はほとんどチャット状 態に!」(20代女性)というように、マメすぎる連絡から、黄信号を 感じ取っ たケースです。邪険にしてもいいことはないので、こちらもなるべくこまめに返 信しましょう。



 【2】「今日は何をしてたの?」と妙にしつこく行動を把握しようとする


「『誰とランチ行ったの?』とか、根掘り葉掘り…」(10代女性)など、一緒に いられない不安を情報量で埋めようとする様子から、気持ちを嗅ぎ 取った人も います。窮屈でもなるべく細かく報告してあげれば、いずれ落ち着くかもしれま せん。



 【3】たとえ仕事でも、飲み会があると言うと不機嫌になる


「不機嫌な声で『男も来んの?』って、会社の送別会で何を心配してるの!?と 思っちゃう(苦笑)」(20代女性)というように、遠距離恋愛中は束 縛したく てもできないため、つい嫉妬深くなってしまう男性もいます。飲み会後はすぐ連 絡して、安心させてあげましょう。



 【4】「疲れた」とネガティブな態度を取って励ましてもらいたがる


「グチっぽくなったりすねたりするのは、ヨシヨシしてもらいたいからみたい」 (20代女性)というように、構ってちゃんな態度は甘えたい気持ちの 裏返しか もしれません。ときには母親になったつもりで、優しく受け止めてあげてはいか がでしょうか。



 【5】ほかの女の子と食事に行った話をアピールしたがる


「『俺、今モテ期みたい』とか言ってくる。浮気してるならわざわざ言わないよ ね(笑)」(10代女性)というように、あなたの愛情不足を疑い、や きもちを 焼かせようとするパターンです。照れくさくても「大好き」などとストレートな 愛情表現を心掛けるようにすれば満足してもらえるかもしれま せん。



 【6】こちらの機嫌がいいと「そっちは楽しそうだね」とひねくれる


「会えない不満が募るとひがみっぽくなるみたい(苦笑)」(20代女性)という ように、彼氏が自分の不遇を訴えたがる裏には、複雑な心境があるの かもしれ ません。仕事のストレスなどほかの要素が関係していることもあるので、ゆっく り話を聞いてあげてはいかがでしょうか。



 【7】二人の出会いや思い出を急に振り返り出す


「今の関係に満足していたら『昔はよかった』みたいな話にはならないはず」 (20代女性)という意見もあるように、前向きな話題が減り思い出話が 増える のは、よくない兆候のひとつと言えそうです。頻繁に会いに行って、新しい思い 出作りを心掛けたいところです。



 【8】まだ条件が整っていないのに二人の将来について匂わせる


「とにかく今の状態から抜け出したいんだなと思った」(20代女性)というよう に、唐突な結婚話が飛び出すのは、現状への不満がMAXに達したこ とが理由かも しれません。あっさり「まだ無理」などと返すと、彼氏の気持ちが折れてしまう おそれがあるので注意しましょう。



 【9】「全然会えないし、付き合ってる意味ある?」と投げやりになる


「努力する気力がなくなってくると、いろいろ限界が近いんだろうと思います」 (20代女性)など、自暴自棄とも取れる発言から、彼氏の末期症状を 察する人 もいます。遠距離に置かれていること自体が最大の要因だとすれば、付き合い方 を根本から見直したほうがよいかもしれません。


 離れていて寂しいのはお互い様ですが、甘え下手な男性の場合は、その気持ちを 素直に表現できないことがあります。彼氏が急に嫉妬深くなったり、怒 りっぽ くなったりしたら、「寂しさの裏返し」だと思って、優しく接してあげましょう。



funabashi_onakura at 19:52|Permalinkコメント(0)

ずっとラブラブでいるためのカップルのルール9パターン

2018年10月18日

ずっとラブラブでいるためのカップルのルール9パターン

幸せなお付き合いを長く続けているカップルの中には、平和を維持するための ルールを持っている人たちもいます。みなさんが具体的にどんな約束をし てい るのかを知れば、
恋人とのケンカを避けるための参考になるかもしれません。そ こで今回は交際期間が長くても仲のいいカップルの声を参考に、 「ずっとラブ ラブでいるためのカップルのルール」をまとめてみました。


 【1】ケンカしたら必ずその日中に仲直りをする


「次の日に持ち越すと余計に気まずくなる」(20代女性)というように、言い 争いをしたときは、当日中に解決するというルールを持っているカップ ルもい ます。
どうしても怒りがおさまらないときはしばらくトイレにこもるなど、彼と 距離を置いて冷静さを取り戻すようにしましょう。



 【2】言いたいことを飲み込まず、お互い納得するまで話し合うこと


「我慢しすぎるといつか爆発しちゃう」(20代女性)というように、不満を腹 にため込むのを防ぐために、なんでも言い合える関係をつくるべきだと 語る カップルも。
言いたいことを言うといっても自己主張ばかりをするのではなく、 お互いの価値観の違いを受け入れて、根気よく話す姿勢が大切と言 えそうです。



 【3】ウソや隠しごとをしない


「基本中の基本だと思う」(10代女性)というように、恋人に対しては全てを 明かし、不安をなくすというカップルもいます。とはいえ、
何でも白状 すれば 許されるというわけではないので、恋人を裏切るようなことはしないのが大前提 でしょう。



 【4】異性を含む飲み会に参加するときは事前に連絡する


「SNSかなんかで写真が出てきたりするとややこしい」(20代女性)という ように、男女混合の集まりに行くときは事前に許可を取ることで、誤解 を生ま ないようにするというカップルも。
相手を安心させるために、飲み会が終わった ときの報告も忘れないようにしましょう。



 【5】忙しくても、1日1回は必ず電話やメールでコミュニケーションを取る


「1日空くと、その分心が離れる」(10代女性)というように、どんなカタチ でもいいので毎日連絡を取り合い、恋人がいることのありがたさを実感 すると いう人も。
例えば、寝る前に必ずお休みメールを送る、というように一日のスケ ジュールに組み込むと、自然と毎日の連絡ができそうです。



 【6】いってらっしゃいのキスなど、口づけを習慣にする


「マンネリ防止に効果的」(30代女性)というように、恋人同士のドキドキを 忘れないという意味で、意識的にキスの機会を作っているカップルも。
 同棲期 間が長く、同居人のような関係になってしまったカップルが、男女の関係を取り もどすためにも有効でしょう。



 【7】「おい」や「ねえ」と言わず、きちんと名前で呼ぶ


「熟年夫婦みたいになってはダメ」(30代女性)というように、恋人同士の関 係を維持するために、きちんとファーストネームで呼び合うというカッ プルも います。
たまには、はじめて相手を名前で呼んだときのドキドキを思い出すとよ りいいかもしれません。



 【8】たとえ友達でも、異性とは一対一で会わない


「万が一ってことがあるから」(20代女性)というように、男女のあやまちを 避けるために、友人関係であっても二人きりにならないことを掟にして いる カップルも。
とくに、元カノ、元カレなどは疑われて当然だと心得ましょう。



 【9】オナラも含め、どんなことも我慢しない


「我慢したら疲れるでしょ」(30代女性)というように、カッコいいところだ けを見せようと無理をせず、ありのままの自分をさらけ出しているとい うカッ プルもいます。
とはいえ、だらしない姿を見せすぎると、異性として見られなく なる恐れもあるので、恥じらいは失わないようにしたいところで す。

funabashi_onakura at 19:52|Permalinkコメント(0)
ギャラリー
  • 朝マックと言う名の罠!!
  • 朝マックと言う名の罠!!
  • こんにちは♪
  • こんにちは♪
  • ハックション!!
  • ハックション!!
  • ちわわん○´・д・)ノ〔● ォ'`ョゥ○〕ヽ(・д・`●)
  • ちわわん○´・д・)ノ〔● ォ'`ョゥ○〕ヽ(・д・`●)
  • ハロウィン!まで後三日!!!