新札のデザインに賛否両論

2019年04月10日

政府が4月9日、1万円、5000円、1000円のデザインを刷新すると発表し、それぞれのイメージ画像を公表した。新1万円札には「日本資本主義の父」渋沢栄一、新5000円札には、津田塾大学創立者の津田梅子、新1000円札には「近代日本医学の父」北里柴三郎をデザイン。全体的なデザインも一新し、従来のお札とは、肖像画や数字、文字の配置・デザインも変わる。

新紙幣
新紙幣
画像
画像

 公表された新たなお札のデザインを見たネットユーザーの反応は賛否両論だ。1000円札の裏にデザインされる富嶽三十六景などはおおむね好評な一方、特に不評が集まっているのが数字のフォントの大きさやデザイン。「数字のフォント」がTwitterトレンドになるほど話題になっている。

 新たなお札として発表された画像を見ると、数字のフォントは、従来のお札よりもかなり大きく印刷されている上、凹凸の少ないゴシック体が採用されており、ネットでは「デカすぎる」「ダサい」「品位がない」との辛口な評価が大半だ。「数字フォントが安っぽい」「数字のフォントが軽くなってしまった」「数字フォントのせいで、おもちゃの紙幣みたい」などといった声も挙がっている。




funabashi_onakura at 09:14│コメント(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ギャラリー
  • 暑い
  • 芸能界薬物汚染
  • マッサージ
  • 天気
  • 三社祭
  • 二回戦
  • スロット6号機規制
  • オークス
  • Runaways