平成の歴史

2019年04月30日

download

平成元年
前年から体調不良が伝えられていた昭和天皇が年明け7日に崩御。「自粛」ムードが広がるなかで、平成最初の一年が始まった。日本経済はバブル景気の真っただ中。海外では、「ベルリンの壁」が崩壊。新時代の「激動」を予感させた。
平成5年
新党ブームのなかで細川連立政権が発足。自民党が結党以来、初めて政権の座を降りた。日本サッカー界にとっては歴史的な年となった。5月15日にJリーグがついに開幕。「ドーハの悲劇」の悔しさは、その後の「歓喜」につながった。
平成7年
1月に阪神・淡路大震災、3月には地下鉄サリン事件──。バブル崩壊後の経済状況の悪化も相まって、日本中が悲しみや不安に包まれていた。一方で、11月に「Windows 95」の日本語版が発売。日本におけるインターネット時代は、このような世相の年に幕を開けたのだった。
平成11年
区切りの西暦2000年を前に、古いコンピューターの誤作動を懸念する「2000年問題」や、「空から恐怖の大王が降ってくる」という予言など、日本のみならず世界中が不安な気持ちを抱えていた(実際には、心配されたような事態は起こらなかった)。前年12月にデビューした宇多田ヒカルが3月に出したファーストアルバムが売れに売れた。
平成20年
米国のリーマン・ブラザーズの経営破綻に端を発して、連鎖的な金融危機と世界同時不況が起きた。日本でも派遣労働者の大規模な解雇・雇い止めが発生。年末から翌年の年始にかけて東京の日比谷公園に「年越し派遣村」が開設された。7月にはiPhoneが日本に初上陸。店頭には長い行列ができるなど、お祭り騒ぎになった。
平成23年
3月11日午後2時46分──。日本を襲った未曽有の災害で多くの人命が失われた。原発事故、計画停電、企業のCM自粛など、生活にも大きな影響を及ぼした。日本中が悲しみに暮れるなか、サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」がW杯で初優勝し、国民を勇気づけた。



funabashi_onakura at 11:04│コメント(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ギャラリー
  • とある日の面接風景。
  • ところで・・・・。
  • 目標の土台がはっきりすれば、 いくらでも頑張れる。
  • 吉本
  • キッザニア
  • ドラゴンボール
  • 宮迫2
  • 宮迫
  • 今日は何の日